‘’こちら‘’をクリックすると
予約販売開始ゲームを確認できます

カタールで躍動!日本代表・堂安律が得点ランキングにも絡む活躍

カタールで躍動!日本代表・堂安律が得点ランキングにも絡む活躍

サッカー日本代表が、サッカーワールドカップ2022のグループリーグで見事な戦いぶりを見せてくれましたね!

大会前はW杯優勝経験もあるドイツ・スペインと同組で「死のグループ」と目されていましたが、まさかまさかの強豪2ヶ国を撃破。グループリーグを1位で通過。ラウンド16で惜しくも敗退となりましたが、クロアチアをPK戦にまで追い込みました。

今回は、サッカーワールドカップ2022のグループリーグで2ゴールを決める活躍を見せた堂安律選手の活躍ぶりとプロフィール・経歴をまとめていきます。

カタールワールドカップ得点ランキングに堂安律の名前を発見!

カタールW杯の得点ランキングを見てみると、1位には3ゴールを決めたフランス代表のエムバペ選手やスペイン代表のモラタ選手ら5人が並んでいました(2022年12月2日時点)。

次点の6位には、あのメッシ選手と肩を並べ、堂安律選手の名前が確認できました。グループリーグ途中でのランキングではありますが、なんとも誇らしい気持ちになりますね!

サッカーワールドカップ2022の得点王や優勝国予想は、これからますます白熱してくると思いますので、ブックメーカーワールドカップは要チェックです!!

サッカー日本代表・堂安律のプロフィール と経歴

ここからは、カタールワールドカップで大活躍した堂安律選手のプロフィールと経歴を見ていきましょう!

堂安律のプロフィール

  • 名前:堂安 律(どうあんりつ)
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 生年月日 : 1998年6月16日
  • 年齢:24歳(2022年11月現在)
  • 利き足 :左足
  • 身長 :172cm
  • 体重:70kg
  • 所属チーム:SCフライブルク

堂安律選手は、3歳のころに2人の兄の影響を受けてサッカーを始めました。ガンバユース時代には、レフティでフィジカルが強く、左右両方のポジションをこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現します。

その後、日本でプロデビューを果たした堂安選手はアンダーカテゴリーから日本代表として活躍を見せており、FIFAの公式ツイッターで「日本のメッシ」と評されたほど海外でも評価が高い選手です。

堂安律の経歴

  • 2011年~2013年:ガンバ大阪ジュニアユース
  • 2014年~2015年:ガンバ大阪ユース
  • 2015年:ガンバ大阪(2種登録)
  • 2016年~2018年6月:ガンバ大阪
    • 2017年7月~2018年6月 : FCフローニンゲン(オランダ)※期限付き移籍
  • 2018年7月~2019年8月: FCフローニンゲン(オランダ)
  • 2019年8月~2022年: PSVアイントホーフェン(オランダ)
    • 2020年9月~2021年6月 :アルミニア・ビーレフェルト(ドイツ)※期限付き移籍
  • 2022年~:SCフライブルク(ドイツ)

クラブチームの話をすると長くなってしまいますので、ここでは、日本代表としての堂安律選手の経歴をご紹介します。

堂安選手の初の日本代表入りは、2014年にU-16日本代表です。2016年のAFCアジアカップU-19選手権では、大会MVPに輝くなどの活躍を見せています。

その後、2018年にはキリンチャレンジカップで日本A代表に初招集。9月11日のコスタリカ戦でA代表初出場を果たし、10月16日のウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めます。

アジアカップ2019では、大会を通して6試合出場2ゴールという成績を残し、FIFAによる今大会の「ブレイクスター」5人のうちの1人に選ばれました。

昨夏に開催された東京五輪にも、背番号10を背負って出場。しかし、チームは準決勝の大一番で延長の末に0-1でスペインに敗れて、メダル獲得を逃していました。そのため、堂安選手は今回のカタールワールドカップで「スペインに雪辱を果たす!」と燃えていたわけです。

カタールワールドカップでは2得点の活躍

2022年11月23日、初戦のドイツ戦に後半から途中出場した堂安選手は、同点ゴールを決めてチームを勝利に導きました!第2戦のコスタリカ戦は、スタメン出場しながらも敗戦。

グループリーグ突破を懸けた運命の大一番となった、12月1日3戦目のスペイン戦では、後半開始から途中出場し、開始2分に大会2点目となる同点ゴールを決めました!!!

最後に

東京五輪の雪辱を果たせて本当に良かったですし、やはり堂安選手は「持ってる男」だなと思いました!日本代表のカタールワールドカップは終了しましたが、今後の堂安選手の活躍にも注目していきましょう。